ねこのてぶろぐ

青森県在住。HP制作など自営業。2児の母。読者さまの良い暇つぶしになれれば本望。

青森県産さくらんぼの新品種「ジュノハート」を食べてみた

f:id:neconoteblog:20190630164726j:plain

こんにちは。
ねこのてぶろぐです。

2019年6月29日、青森県で生まれた新品種のさくらんぼ「ジュノハート」がデビューをしました!

何日も前からテレビのニュースなどでも取り上げられていて、「大粒」で、「ハートの形」のジュノハートをどうしても食べてみたかったので、発売日に買いに行きました。

いったいどんなお味なのでしょうか!

 

 

スポンサーリンク  

青森県産さくらんぼの新品種「ジュノハート」とは?

デビューを迎えるまでに16年の歳月をかけて苗木から育ててきたジュノハートは品種的には「紅秀峰」「サミット」の掛け合わせだそうです。

f:id:neconoteblog:20190630162705j:plain

なるほど、どちらも色が濃くて大粒になるさくらんぼですね。個人的には「紅秀峰」も「サミット」も、それぞれ大好きですが、とくに「サミット」は食べごたえがあって短い旬のシーズンに産地直売所に通ってゲットしてくる品種。っていうか、紅秀峰とサミットをかけ合わせたら美味しくない訳がないレベルですよね。

あ、私個人的にさくらんぼが大好きで、シーズン中に出てくる青森県産品種は一通り食べてるので知ったかぶりしてます。


「ジュノハート」の中のトップクラスが「青森ハートビート」

新品種ジュノハートの中でも4Lサイズ(直径31mm~34mm)のもので秀品以上を「青森ハートビート」としてブランド化を目指すそうです。
可愛い箱に2粒入って1,000円(税別)という超高級さくらんぼとしてかなり強気の価格で売り出しましたが、私が買いに行ったときにはすでに売り切れ。(予約で売り切れたらしい)

ちなみに、2019年度は青森県内だけでの販売ということなので、来年以降の全国デビューも楽しみですね!

箱入りジュノハートは〇〇のようだった!

2個入りが売り切れだったので諦めようかと思ったその時!
見本品かな?と思っていた12個入りのものが商品だということが判明!!
青森ハートビートにはなれなかった4Lサイズ未満のものだけど、今年は大きめで3Lサイズとしてはかなり大きいし、初物だからこれを逃したら食べれるかわからないけどどうします?
ということでお値段を聞くと

1箱 12粒入り 3,000円(税別)



高い!パティシエ渾身のトリュフチョコレートかよ!

しかし、2個入り1,000円のさくらんぼを買おうと決意した時点でもう感覚がおかしくなっていたのでしょう。普段1円2円の差で豚肉を迷っているこの私が、
12個も入って3,000円なんて、お買い得♪
という心理状態に陥りました。青森ハートビートを買うよりもグンとお買い得!買っちゃえ買っちゃえ!恐るべしジュノハート!!

ということでゲットしてきたジュノハート化粧箱入りがこちら!

f:id:neconoteblog:20190630162053j:plain

トリュフかよ!という値段にも驚きですが、トリュフチョコレートが入っているかのような可愛らしい外箱も高級感が漂います。
パンフレットが2枚。

f:id:neconoteblog:20190630162303j:plain

そして、ちょっと緊張しながら、オープンザボックス!

てってれーーーーん!

f:id:neconoteblog:20190630162059j:plain

ジュノハートの宝石箱やぁ!というか、大きさがまるでトリュフチョコなのですが!!

キラキラ光ってる大粒のさくらんぼが、一粒ずつきれいにならんでいます。どうしよう、食べるのに緊張する食べ物は宮崎産マンゴー「太陽のタマゴ」以来です・・・

f:id:neconoteblog:20190630163701j:plain
f:id:neconoteblog:20190630163706j:plain

7歳児の手のひらに乗せてこのサイズ感!
この2粒で500円税別!味わってゆっくりと喰うのだ我が子よ!!!

我が子「美味しいー!むしゃむしゃ・・・」

でしょうね、でしょうね!美味しいと思いますよ急ぐな急ぐなすぐに飲み込むな味わって喰いなさい!!

どれ、私も味わってみましょう。
まず、持った感じが流石にずっしりとした重量感。このサイズのさくらんぼにはなかなか出会えないので食べる前から果肉から種までの距離感が通そう・・・と楽しみが増します!

f:id:neconoteblog:20190630165331j:plain

いただきまーす!

f:id:neconoteblog:20190630165452j:plain

予想通り、歯が果肉に刺さってから種に到達するまでの距離感が普通のさくらんぼとはちょっと違います。肉厚で非常にジューシー。
甘味も濃厚で果汁がたっぷり、でも、ぼやけた感じではないパキッとしたしっかりとした味わいを感じることができました!これは美味しいー。

f:id:neconoteblog:20190630165813j:plain

12個入りのBOXを入手し、これは実家の両親にも食べさせないと!ということで、家族4人+両親2人で分けた結果、一人2個という個数制限でしたが、デビューしたばかりの青森の新星さくらんぼ「ジュノハート」を堪能することができました。

長い年月をかけて試行錯誤を繰り返して、やっとこぎつけた2019年のデビューだったのだと想像すると、生産者さんや関係者の方には「ありがとう!」と言いたい気持ちです。

これから生産量が増えてくるともう少し価格も落ち着いてくるのかもしれませんが、特別感のある、贅沢な旬の味でした。

果肉がしっかりしているので輸送にも強そう。贈り物にもピッタリのさくらんぼになりそうですね~!

来年からの販売にも期待しつつ、今年の恵みに感謝。


▼食べてみたシリーズ▼

www.neconoteblog.com

 

青森ジュノハート 公式HPはこちら
https://www.umai-aomori.jp/junoheart/

ジュノハート、青森ハートビートの販売情報はこちら
https://www.umai-aomori.jp/junoheart/108.html

 
スポンサーリンク  

【スポンサーリンク】
プライバシーポリシー お問合せ/Inquiry